ホッブズ

「ホッブズ」についてのメモ。ホッブズとは…
HOME > ホッブズ

Thomas Hobbes トマス・ホッブズ/ホッブス

ホッブズ †

  • 1588〜1679
  • イギリスの哲学者・政治思想家。自然主義・唯物論・唯名論の立場に立つ。

政治論では、社会の自然状態を「万人の万人に対する闘い」ととらえ、人間は、相互に契約を結んで一つの意志に服従する必要があり、ここに国家と主権が成立するとし、絶対君主制を擁護した。

運動中心の徹底した機械論的自然観を樹立し、それを人間・社会にも適用。物体論・人間論・市民論の三部からなる哲学を構想。国家は契約によって形成されるとし、平和を得るために絶対主権の設定を求めた。

著「リバイアサン」「哲学原論」など。

社会契約説

ホッブズの思想 †

  • 意義
    • トマス・ホッブズは清教徒革命の時代の政治的な混乱から政治的安定をいかに導き出すか,という目的から,『リヴァイアサン』(1651年)を著した。自然科学の方法を政治思想に導入し,社会や国家の権力秩序を問い直し,それを再構成することを試みた点て画期的な思想となった。
  • 論理構成
    • 人間を徹底的に利己的な存在としてとらえ,自然状態とは各人が自己保存のために相互の自然権を侵害しあう状態である,と論ずる。「万人の万人に対する闘争」の状態であり,絶えざる恐怖と暴力によって死の危険が存在している状態。
    • このような闘争状態を回避するためには,各人の自然権が放棄されねばならない。コモンウェルスすなわち主権国家は,自然権を放棄した各人の契約によって成立する。こうして成立した主権とは絶対不可分かつ不可侵な権力であり,主権は国家の主権者に授権される。社会契約の必然性を説き,主権の絶対性を強調





2007-03-10 (土) 21:34:59 (3762d)