マイスター制度

「マイスター制度」についてのメモ。マイスター制度とは…
HOME > マイスター制度

(ドイツ) Meister
1 巨匠。大家。
2 (徒弟制度上の)親方。師匠。

マイスター制度 †

ドイツで親方を意味し,工場マイスターと独立マイスターの2種があるが,一般には独立営業者を指すことが多い。
戦後西ドイツでは,手工業秩序法が成立し,生産に手工熟練の要る125の職種(例えば大工,刃物,家具,ビール,仕立て,理髪,製陶など)が指定され,これらを独立的に営業しようとする場合には,マイスターとしての資格の認定を受けることが義務づけられた。そのためには,親方のもとで徒弟,職人として数年間修業を続け,親方試験に合格しなければならない。手工業者の窮乏化がいわれて久しいが,建設など個別・注文生産の残る分野では伝統的生産方法は今日でも相変わらず重要であるし,その技術と知識を生かして工業(機械生産体系)の下請生産や工業製品(自動車のような量産品)の修理,点検,取付け,サービス,小売販売活動の分野において活路を見いだしているマイスターも数多い。






2007-03-10 (土) 21:35:16 (3666d)