マトリックス組織

「マトリックス組織」についてのメモ。マトリックス組織とは…
HOME > マトリックス組織

matrix organization 行列式組織

マトリックス組織 †

縦軸(列)と横軸(行)の二つの指揮命令系統を設け、二元的管理によって活動する組織。在来型の組織は、すべて上下関係の視点によって構造化され、この点に関する限り、集権的と分権的、職能別・製品別・地域別のいずれの組織も同じであった。マトリックス組織は、このような在来型の列形態に対する革新として現れる。それは多くの場合、職能別(製造、販売、財務、労務など)を縦軸とする在来型に、製品別の横軸を加える形で出発する。しかし成熟したマトリックス組織では、両軸の内容は業態に応じて自由に設定してよい。たとえば、多国籍企業では地域別と製品別、サービス産業では地域別と活動区分別が多いという。このようなマトリックス組織は、環境の多様化に対応するための必要から生まれたが、二元的管理による組織秩序の混乱が最大の問題である。

組織は基本的には職能別組織から成り立っている。しかし,組織が巨大になると,_事業部制が採用され,プロジェクトがふえると,プロジェクト組織が活用される。事業部制そのものは職能別組織が基礎になっており,プロジェクト組織も,職能別組織と格子状のマトリックスを形成しているのが普通である。ところが,最近では職能別組織とプロジェクト組織を組み合わせたプロジェクト型のマトリックス組織だけでなく,製品と職能,製品と地域,製品と職能と地域を組み合わせたマトリックス組織を採用する動きが出てきている。

マトリックス組織のメリット・デメリット †

  1. 人材を効率よく活用できる
  2. 視野の広い人材を育成できる
  • デメリット
  • 命令系統の一元化という経営学の基本原則に反しているので,人間関係に気を配る必要がある。





2007-03-10 (土) 21:35:20 (3671d)