マニラ・フレームワーク

「マニラ・フレームワーク」についてのメモ。マニラ・フレームワークとは…
HOME > マニラ・フレームワーク

マニラ・フレームワーク †

 1997年11月,マニラで開催された日,米,ASEAN加盟国等14カ国・地域の蔵相・中央銀行総裁代理の会合において,金融・通貨の安定に向けたアジア地域の協力強化の枠組みが合意された。これを「マニラ・フレームワーク」と呼ぶ。

ポイントは…

  1. IMFを補完する域内サーバイランスを実施し,各国のマクロ経済政策,為替政策,金融制度等について緊密な意見交換を行うこと
  2. 各国の金融システム,規制の対応能力を強化するため,経済的・技術的協力の拡大を国際金融機関に求めていくこと
  3. 金融危機に対応するIMFの能力強化を要請すること
  4. 金融危機に際し,IMFと経済調整プログラムを合意した参加国に対しては,IMFによる支援を補完する形で他の参加国が支援を行う協調支援.アレンジメント(CFA)を締結すること

 この合意を受けて同年12月,IMFは短期的な支援を行うための制度として補完的準備融資(SRF)制度を創設し,韓国への支援で初めて適用した。

 その後,マニラ・フレームワークに基づく会合はほぼ半年に1回のペースで開催されている。






2007-03-10 (土) 21:35:21 (4834d)