マルクス主義フェミニズム

「マルクス主義フェミニズム」についてのメモ。マルクス主義フェミニズムとは…
HOME > マルクス主義フェミニズム

マルクス主義フェミニズム †

マルクスがほとんど顧慮しなかった性・性別という要因をマルクス主義に導入することで、従来の階級闘争還元的な社会主義フェミニズムの限界を乗り越えようとするフェミニズム理論。1970年代のアメリカを中心に発展。

マルクス主義フェミニズム †

 マルクス主義フェミニズムは,ラディカル・フェミニズムの見解とマルクス主義を統合する。マルクス主義は資本主義社会における搾取の構造を分析するが,マルクス主義フェミニズムは,社会階級だけでなく,さらに「性階級」をも分析の対象にする。すなわち,女性差別の起源が資本主義的な家父長制のなかにあると主張する。労働と家族の分離,生産労働と家事労働の分断,そして前者の優位性という根強いイデオロギーのなかに,女性差別の複合的要因を見出す。

 労働というと,ものを生産して賃金を得る「生産労働」だけを指すが,マルクス主義フェミニズムは,「再生産労働」という概念を新たに導入する。たとえば育児労働,家事労働,看護・介護労働などが,再生産労働と呼ばれる。

 こうした労働は,ひとが生命を維持し生活を活性化するために不可欠な活動である。それにもかかわらず,賃金が支払われることのない無償労働であって,そのほとんどが女性に委ねられてきた。
 これは,明らかにジェンダーの社会化からくる一種の搾取であって,従来のマルクス主義はこの点を見落としていた。 マルクス主義フェミニズムは,資本主義が資本家と生産労働者と再生産労働者の3層からなる複雑な搾取構造である点を指摘する。

 資本主義の進展にともなって,女性も生産労働に動員されることになるが,そうなると女性は二重の搾取のもとに置かれるという。すなわち,生産労働者として搾取されるうえに,「女性の本来の仕事は家庭だ」とする性役割の不当な押しつけによって,もうひとつの搾取が女性労働者に加えられる,というのである。






2007-03-10 (土) 21:35:25 (3816d)