メタファー

「メタファー」についてのメモ。メタファーとは…
HOME > メタファー

metaphor

メタファー †

隠喩。暗喩。

  • 言葉の上では、たとえの形式をとらない比喩。「…の如し」「…のようだ」などの語を用いていない比喩。「雪の肌」「ばらの微笑」の類。メタファー。暗喩。

シミリ

 隠喩。メタファは,主題とたとえる語を類似性,包含関係,イメージに基づいて結びつけた修辞表現である。ここで,比喩指標(例:のようだ,みたいだ)がない表現を隠喩,指標のある表現を直喩(simile)という。たとえば,特徴メタファ「愛は角砂糖(のよう)だ」では,主題「愛」とたとえる語「角砂糖」の比較あるいは相互作用によって類似特徴{甘い,…}が顕在化し,主題の意味が変化する。また,関係メタファ「眼は心の窓だ」では,関係の*類似性{眼:心/窓:(家)}の発見がある。さらに,概念メタファ「人生は旅だ」では,概念領域「旅」を「人生」に構造転移し,両者に構造的類似性が成立する。そして,関連性,一貫性のある複数の比喩を生みだす(例:人生の分かれ道,道連れ)。同様のメタファには,人の領域を他の領域に転移する擬人化(personification, 例:悲しそうな空),異なる感覚領域に意味を転移する共感覚的メタファ(例:味覚→聴覚「甘い声」)がある。
 メタファは類包含陳述でもある。たとえば,「心は沼だ」は,主題「心」がたとえる語「沼」を典型例とする「どろどろしたもの」カテゴリーに包含されることを述べている。ここで,特徴{どろどろした}が顕在化して主題の意味が変化する。一方,提喩(synecdoche)は,「白いもの(が降る)」で「雪」をさしたり,「パン」で「食物」カテゴリーをさす。これは*カテゴリーの階層関係に基づく慣用的比喩であり,意味変化はない。
 メタファにはイメージ・スキーマが支える表現もある。たとえば,「喜び(悲しみ)に沸く(沈む)」は,身体経験や行為パターンを抽象化したイメージ・スキーマ(喜びは上,悲しみは下)を,感情領域へ写像した表現である。
 広義のメタファは,隠喩,直喩,提喩,*換喩などの比喩表現全般をさす。メタファは認知(言語学)研究をはじめ,*コミュニケーション,*創造性,*インターフェイス設計,臨床心理学などにおいても研究されている。






2007-03-10 (土) 21:35:37 (3704d)