ヤハウェ

「ヤハウェ」についてのメモ。ヤハウェとは…
HOME > ヤハウェ

Yahweh

ヤハウェ †

旧約聖書の神の名。有りて有るもの、の意で、イスラエル民族とともにあることを示す。ヤーウェ。エホバ。
旧約聖書におけるイスラエル民族の神。天地万物の創造者、宇宙の支配者、人類の救済者で、唯一絶対の神。ヤハウェ。エホバ。

預言者モーセに啓示されたとされるイスラエルの神の名。ヤーベ,エホバともいう。ヘブライ語の4子音で表記されるところから4文字(通常ヘブライ語は3子音)といわれる。「ありてある者」「ともにある者」「あらしめる者」などの意といわれるが定説はない。またモーセが避難した妻の実家ケニ人の神との説もあるが疑わしい。イスラエル固有の神で,すでにモーセ以前に知られていたらしい。ユダヤ人は過度の尊敬からヤハウェを口にせず,代りにアドナイ(私の主)と呼び,七十人訳(セプトゥアギンタ)もこれをとってキュリオス(主)と訳している。70年のエルサレム陥落後,大祭司に相伝された4文字の正確な発音が彼らとともに失われたことも,4文字をアドナイとのみ読む原因となった。キリスト教ではしばしば「ヤハウェ」の発音を使用している。(→テトラグラマトン) →4-509 神,19-399 モーセ,19-708 ユダヤ人






2007-03-10 (土) 21:35:45 (4874d)