ラッセル

「ラッセル」についてのメモ。ラッセルとは…
HOME > ラッセル

Bertrand Russell

ラッセル †

  • 1872-1970
  • イギリスの数学者・哲学者。
  • ホワイトヘッドとの共著「数学原理」で記号論理学を集大成し、論理学によって数学を基礎づけた。また、その論理分析の方法は現代分析哲学の出発点となった。人工言語学派の始祖の一人となった。
  • 社会評論にも健筆をふるい、平和運動の国際的指導者としても活躍。核兵器廃絶運動やベトナム反戦運動などに尽力。
  • 1950年ノーベル文学賞受賞。

著「数理哲学序説」「西洋哲学史」など。






2007-03-10 (土) 21:35:57 (3911d)