ルイ

「ルイ」についてのメモ。ルイとは…
HOME > ルイ

ルイ †

  • フランス国王の名。

ルイ9世 †

1214-1270
フランス国王(在位1226-1270)
諸侯の反乱を抑えて王権を拡大。ソルボンヌ神学校を創設。
イギリスとの紛争を解決、パリ高等法院を設置し裁判制度を改革、王領拡大と集権化を推進。
信仰あつく第七回・第八回十字軍に参加し、チュニスで病没。
列聖され聖ルイと称される。聖王。

ルイ11世 †

1423-1483
フランス国王(在位 1461-1483)。
シャルル七世の子。

諸侯を抑え王領を拡大、郵便制度・民兵制度を整備、中央集権を確立し絶対王政の基礎を築いた。
諸侯の力を抑えるとともに王領を拡大し、絶対王政の基礎を確立した。駅逓を創設。

ルイ13世 †

1601-1643) フランス国王(在位 1610-1643)。
アンリ四世の子。正義王。

  • 1624年、リシュリューを宰相に起用し、貴族・プロテスタント勢力を抑圧し、国際覇権の掌握を図り、ブルボン王朝による絶対王政を強化した。

ルイ14世 †

  • 1638-1715
  • フランス国王(在位 1643-1715)。太陽王。

ルイ13世の子。宰相マザランの死後、親政を始め、王権神授説をとり絶対主義を確立。「朕は国家なり」という言葉を残した典型的な絶対主義君主。

コルベールを登用して財政を再建し、重商主義政策を推進、しばしば対外戦争を起こして植民地を拡大する
中央統治機構を整備、コルベールを登用し重商主義政策を遂行、ヨーロッパ最大の常備軍を編制して相次ぐ侵略戦争により領土を拡大。

一方、文化面でも学芸の奨励、ベルサイユ宮殿の建設などを行い、ブルボン王朝の最盛期を現出した。

ベルサイユ宮殿を造営して豪華な宮廷生活を営み、バロック美術と古典主義文学の隆盛に寄与したが、晩年に戦費・宮廷費の増大やナントの勅令廃止により財政窮乏・農民反乱を招いた。

ルイ15世 †

1710-1774) フランス国王(在位 1715-1774)。
ルイ14世の曾孫。七年戦争で敗れ、インド・カナダの植民地を失い財政の窮乏を招いた。

オーストリア継承戦争・七年戦争に参戦、多額の戦費や植民地喪失により財政難を深刻化。特権身分への課税を企て高等法院と対立、王権を弱体化させた。

ルイ16世 †

  • 1754-1793
  • フランス国王(在位 1774-1792)。
  • ルイ15世の孫。
  • チュルゴーネッケルらを任用して財政再建を図ったが、貴族の抵抗により三部会召集を強いられ、フランス革命を誘発。
  • マリー=アントワネットとともに国外逃亡事件を起こし王権の失墜と共和運動の高揚を招き、王権停止後、反逆のかどで断頭台の露と消えた。

国外逃亡に失敗して王権を停止され、国民公会から「国民への敵対行為」の罪に問われ処刑された。

ルイ18世 †

[(一七五五〜一八二四)]在位一八一四〜二四。
ルイ16世の弟。フランス革命で亡命し、ナポレオン失脚後の王政復古で即位。王党派の行きすぎた反動を抑え、貴族と市民階級の対立の緩和を図った。






2007-03-10 (土) 21:36:12 (4212d)