ルソー

「ルソー」についてのメモ。ルソーとは…
HOME > ルソー

Jean-Jacques Rousseau

ルソー †

1712年〜1778年。
フランスの啓蒙思想家・小説家。スイス生まれ。「学問芸術論」で人為的文明社会を批判して自然にかえれと主張、「エミール」では知性偏重の教育を批判した。また、「社会契約論」では人民主権論を展開し、フランス革命に大きな影響を与えた。著書はほかに「人間不平等起源論」「告白録」など。

「人間不平等起源論」「社会契約論」などで文明や社会の非人間性を批判、独自の人民主権思想を説いてフランス革命の先駆となった。啓蒙主義を超えて、自然状態の理想化やロマン主義もみられ、全人教育論「エミール」、自伝的作品「告白録」、小説「新エロイーズ」など多面的な著作を残した。

社会契約説

ルソーの思想 †

  • 論理構成
    • 18世紀のフランスを代表する思想家であるJ.J.ルソーによれば,自然状態では人間は孤立した未開人であり,あわれみの情を各人が
      もつ,自由で平等で平和な状態であったとされる。しかしながら,自由なものとして生まれた人間が理性を濫用することにより,欲望が増大し,富の不平等が生まれ,戦争状態を招く危険性が生じる。人間の堕落の帰結でもある戦争状態を回避するために,自由で平等な社会が回復されねばならないと考えた。
  • 意義
    • 自由で平等な社会を回復するために,ルソーは『エミール』(1762年)において教育による人間の改造を提唱する一方,『社会契約論』(1762年)で全員一致の同意による「契約」によって政治社会が構築されねばならないと説いた。各人はすべての権利である自然権をその共同社会に委ね,同等の権利によって社会に参加する人民主権が成立する。こうして成立した共同体の意志は,一般意志と呼ばれ,全体および各個人の意志であり共同社会の意志であった。法は,この一般意志を具体化する存在とさ
      れる。
  • 一般意志
    • 統合した全人民によって担われる「一般意志」は,私的利害を持つ個々人の意志の総和である「全体意志]ではなく,共通の利益だけを心がける全人民の意志をいう。「一般意志」は,全人民の意志であるから,「絶対的]で「不可謬」「不可譲]「不可分」である。
  • 代議制の否定
    • 「イギリスの人民は自由だと思っているが,それは大間違いだ。彼らが自由なのは,議員を選挙する間だけのことで,議員が選ばれるやいなやイギリス人民は奴隷となり,無に帰してしまう」(『社会契約論』)とした。これは,直接民主制の主張であり,「一般意志は決して代表されるものではない」とした。
  • 人民主権
    • 人民,主権の単なる淵源であるばかりでなく,主権を実際に行使しなければならない,とした。





2007-03-10 (土) 21:36:12 (3729d)