ルター

「ルター」についてのメモ。ルターとは…
HOME > ルター

Martin Lutherルッター。ルーテル。

ルター †

  • 1483-1546
    ドイツの宗教改革者。
    1517年、ローマ教皇による免罪符販売に反対して、九五か条の提題を発表し、宗教改革運動の発端をつくった。破門されたがザクセン選帝侯の保護を得て聖書を独訳し、現代ドイツ語の基礎を築いた。信仰のみによって義とされること、教会ではなく聖書のみが規範であること、信仰者はすべて神の前に等しく祭司であることなどに代表されるその神学思想は、プロテスタント諸教会の原理として大きな影響を及ぼしてきた。

一五一七年、教皇庁による免罪符発行を批判する「九五か条の提題」によって教皇から破門されたが、これが宗教改革運動の発端となった。ザクセン選帝侯の保護下に完成したドイツ語訳聖書は、ドイツ語史上重要とされる。聖書に基づく信仰のみを説く福音主義に立ち、すべての信仰者は等しく祭司であるとする万人祭司思想を主張した。

著「キリスト者の自由」など。






2007-03-10 (土) 21:36:13 (4265d)