レバノン

「レバノン」についてのメモ。レバノンとは…
HOME > レバノン

Lebanon

レバノン †

西アジア、地中海東岸の共和国。南はイスラエルと国境を接する。古代フェニキアの地。1944年フランス委任統治領から独立。オレンジ・ブドウなどを産する。観光事業と中継貿易も盛ん。住民は大部分がアラブ系。マロン派キリスト教徒とイスラム教徒がほぼ同数を占める。首都ベイルート。面積1万平方キロメートル。正称、レバノン共和国。

シリア-レバノン †

 レバノンは1943年、当時フランスの委任統治下にあったシリアの一部から独立。75年にレバノン内戦が起きると、シリアは「アラブ平和維持軍」3万人の中核として駐留した。82年にイスラエル軍がレバノン侵攻。内戦は90年に終結したが、シリアは軍駐留を続け、現在も約1万4千人の兵力を維持し、政治、経済的に強い影響力を及ぼしている。国連安全保障理事会は2004年9月、シリア軍のレバノン即時撤退などを求める決議を採択した。






2007-03-10 (土) 21:36:20 (3668d)