ロイド・ジョージ

「ロイド・ジョージ」についてのメモ。ロイド・ジョージとは…
HOME > ロイド・ジョージ

David Lloyd George

ロイド‐ジョージ †

  • 1863〜1945
  • イギリスの政治家。自由党党首。第一次大戦では主戦論を高調、1916〜22年自由党・保守党の連立内閣の首相、戦後パリ講和会議に活躍。

イギリスの自由党政治家,首相(1916-22).グレーター・マンチェスター州マンチェスター生まれ.
ウェールズで学び,事務弁護士になり,1890年にカーナーヴォン選挙区から下院議員(以後この議席を55年間守る)となる.商務院総裁(1905-08),大蔵大臣(1908-15)を務めた.1909-10年に彼が提出した“人民の予算”が上院で否決されたことから憲政危機が生じ,1911年に議会法が成立,上院の拒否権は剥奪された.軍需大臣(1915),陸軍大臣(1916),連立内閣首相となる.第1次世界大戦後も保守党多数の連立内閣の首相を続けた.シン・フェイン党と交渉してアイルランド自由国を承認(1921),この策が失脚の一因となった.1931年の総選挙後は,独立自由党という“族閥”グループを率いた.1945年に伯爵に叙せられる.






2007-03-10 (土) 21:36:25 (5062d)