ロマン主義

「ロマン主義」についてのメモ。ロマン主義とは…
HOME > ロマン主義

romanticism 浪漫主義。ロマンチシズム。ロマンチスム。

ロマン主義 †

  • 18世紀末から19世紀の初めにかけてのヨーロッパで、芸術・哲学・政治などの諸領域に展開された精神的傾向。
  • 古典主義・合理主義に反抗し、感情・個性・自由などを尊重、自然との一体感、神秘的な体験や無限なものへのあこがれを表現した。
    近代個人主義を根本におき、秩序と論理に反逆する自我尊重、感性の解放の欲求を主情的に表現する。憧憬(どうけい)・想像・情熱・異国趣味と、それらの裏返しとしての幻滅・憂鬱などが特徴。
  • 文学ではルソー・ゲーテ・ワーズワースを先駆とし、スタール夫人・シャトーブリアン・ラマルチーヌ・ユゴー・ミュッセ・バイロン・シェリー・キーツ・ノバーリス・シュレーゲル兄弟、
  • 絵画ではジェリコー・ドラクロワ・ゴヤら、
  • 音楽ではシューベルト・シューマン・ショパン・ベルリオーズらがその代表。
  • 日本では、北村透谷・島崎藤村らに始まり、明治中期の「文学界」「明星」などを中心に展開





2007-03-10 (土) 21:36:33 (4518d)