ロンバルディア同盟

「ロンバルディア同盟」についてのメモ。ロンバルディア同盟とは…
HOME > ロンバルディア同盟

ロンバルディア同盟 †

  • 12〜13世紀に神聖ローマ皇帝のイタリア支配に対抗して結成された北イタリア諸都市の同盟。

Lega Lombardo; Lombardischer Sta*dtebund
神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(赤髯王)の帝権伸長の意図に対抗して,ロンバルディアの諸都市が自治権防衛のために結成した都市同盟。フリードリヒ1世は1154年以来コムーネに侵害されてきた皇帝特権の回復を目指し,たびたびイタリア遠征を敢行した。これに対して諸都市はその脅威を解消するため,まずベネチアが諸都市に呼びかけ,64年ベロナ同盟を結成。次いで67年皇帝の第4次遠征に際して,ロンバルディアの諸都市が第2の同盟を結成し,2つの同盟を合体してロンバルディア同盟とした。フリードリヒ1世と対立していたローマ教皇アレクサンデル3世の支援も受け,76年レニャノの戦いで皇帝軍に勝利を収め,83年コンスタンツの和議で皇帝の形式的宗主権を認める代りに,諸都市の自治権を回復することに成功した。1226年に再結成されて皇帝フリードリヒ2世と対抗したが,同盟諸都市間の利害は複雑で内部的連帯は必ずしも強固ではなかった。






2007-03-10 (土) 21:36:34 (4635d)