井上馨

「井上馨」についてのメモ。井上馨とは…
HOME > 井上馨

いのうえかおる

井上馨 †

  • 1835-1915
  • 政治家。山口長州の生まれ。通称を聞多(もんた)。

討幕運動に活躍。第一次伊藤内閣の外相として条約改正に尽力、また極端な欧化政策を推進。のち農相・内相・蔵相などを歴任。元老として、政財界に重きをなした。

幕末の尊王攘夷運動に参加。第一次伊藤内閣の外務大臣として欧化政策をとったが、世論の反対にあい、条約改正交渉に失敗。農商務相・内務相・蔵相を歴任。のち元老として国政に関与。






2007-03-10 (土) 21:37:00 (3969d)