一億総中流

「一億総中流」についてのメモ。一億総中流とは…
HOME > 一億総中流

要編集

中流階級 †

ミドルクラス middle class の訳語であり,学術的正確さに欠けるうらみはあるが,中間階級,中間層といった用語と互換的に使われることがある。
古くは18世紀フランスにおいて支配階級であった貴族,僧侶に対する〈第三身分〉として,新興の都市商工業者を指すのに用いられた。これら商工自営業主層および自営農民は今日旧中産階級と呼ばれる。被雇用者であるホワイトカラー労働者を指して新中産(中間)階級と呼ぶ用語法が生まれたためである。この新中産階級(正確には新中間身分 neue Mittelstand)という呼称は,1926年に E.レーデラーと J. マルシャクが用いて以来,一般化した。
 ところで古典的マルクス主義の社会階級論に従えば,旧中産階級は資本家階級か労働者階級かのいずれかに二極分解するものとみなされていた。この点に最初に実証的な反論を加えたのがE. ベルンシュタインである。それは K. カウツキーとの間でたたかわされた〈修正主義〉論争のひとつのテーマとなった。現在もこれら小零細自営業をめぐって成長,存続,衰退という三つの見方が競合しているが,歴史的事実として衰退仮説は今日までのところ妥当しない。1970年代末葉になって,西側先進資本主義国はこぞってスモール・ビジネスの重要さを強調し,その育成政策を重視しはじめた。
 他方,新中産(中間)階級と呼ばれてきたホワイトカラー労働者は,とりわけ第2次大戦後になってめだって増加した。日本でも1970年代後半に入って,その数がブルーカラー労働者を上回った。とくに中間管理職,研究開発技術者の増加が著しい。しかし営業・販売部門を中心とする大卒者の〈現場〉配置,ME 革命と呼ばれる技術革新の進展(オフィスの工場化)は,これらホワイトカラー労働者の地位と仕事内容を従前に比して相対的に低下させつつあるという見方が提出されている。それは,ホワイトカラーの〈相対的価値剥奪relative deprivation〉と呼ばれる。この動きと関連して見落とせない現象に,ブルーカラー労働者のブルジョア化(ミドルクラス化)がある。それは,第2次大戦後の資本主義社会の未曾有の繁栄によってもたらされた。職工間身分格差の撤廃,実質賃金と生活水準の上昇,教育水準の高度化,仕事内容の知識集約化などがその促進要因とされる。日本の場合,ブルーカラー労働者の社会階層帰属意識は,高度成長期を通じて〈中流意識〉の比重を高めてきた。ブルーカラー労働者に伝統的な〈階級意識〉――その内容は,社会構造についての二項対立的イメージ,〈奴らと俺たち〉意識,従前のライフスタイルの維持,集団的連帯と集合主義的な問題解決行動,労働者政党への半ば無条件の支持感情などによって特徴づけられる――は,それと並行して希薄なものとなってきた。むしろ彼らは,中産階級に特徴的とされる社会意識の性格――その内容は,社会構造を連続的ヒエラルヒーとしてとらえる見方,自助努力によるそのヒエラルヒーの上昇,生活水準やライフスタイルの漸進的改善,個人主義的な問題解決行動などによって特色づけられる――を,すでに部分的に内面化しているとみることができる。

中流意識
自分の所属する階級を中流だと考えること。日本では「人並み」「世間並み」意識をさすことが多い。高度成長期の生活水準の高まりを背景に,1970年以降総務庁の調査で9割以上の国民が自分の生活を中程度だと回答している。

国民半数が中流〔1967年〕
『国民経済白書』昭和41年度は、国民の半数が自分を中流と意識していると発表した。総理府の『国民生活に関する世論調査統計』によると、1958(昭和33)年の時点ですでに72.4%に達する国民が中流意識をもっていたとあるが、これとは別の社会学者による『社会階層と社会移動全国調査』では、中流意識をもつ国民の割合は、1955(昭和30)年41.9%、1965(昭和40)年54.8%となっている。つまり、一口に国民の中流意識などといっても、調査方法や質問に対する選択肢の相違等によって結構大ざっぱなものだということがわかる。それにしても、戦後の日本社会では、プロレタリアとブルジョア、資本家と労働者というような対立社会構造思考ではなく、マイルドな「中流意識」でそれなりに半数以上の国民が満足してくれれば、少なくとも支配階級にとって、これほど御しやすい羊の群れはないだろう。おそらく、人びとは、物量で打ちのめされた敗戦のドン底から、ようやく多少の電化製品を入手した「中」の物質的「生活水準」を「中流の生活様式」と錯覚し一億総幻想のオメデタい夢を見続けようと錯覚したのかも。平成の『失われた10年』で総中流の夢消えた日本人はいずこへ?






2008-07-06 (日) 12:58:04 (3815d)