一国社会主義

「一国社会主義」についてのメモ。一国社会主義とは…
HOME > 一国社会主義

sotsializm v odnoi strane

一国社会主義 †

西ヨーロッパでプロレタリア革命の成功がなくても、ソ連一国だけで社会主義の建設は可能であるとする理論。晩年のレーニンスターリンによって提唱された。

先進資本主義諸国における革命を待つまでもなく,ソ連一国で社会主義が建設できるとしたI.スターリンおよびその後継者の理論と政策。1917年のロシア革命までは,マルクス主義の革命観は,先進諸国における同時革命を原型としていた。ロシアという後進資本主義国で革命が成功したため,それをどう性格づけるかが問題となった。永久革命を主張するL.トロツキーに対して,V. I.レーニンも,基本的にはロシアのような農業国が,単独で社会主義建設を実施することは困難であるとしながら,実際の政策面では,西欧諸列強との一時的共存と国内での新経済政策(ネップ)の方向を打出した。24年レーニンの死後,トロツキー排除を決意したスターリンは,レーニンの一時的共存と譲歩の政策を,積極的,恒久的なものに置き換える一国社会主義の理論を展開しはじめた。彼は,その外的条件を資本主義諸国間の不均等発展と対立の不可避性,内的条件を国土の広大さと資源の豊富さに求めた。25年の第14回ソ連共産党大会は,このスターリンの理論に基づき,ソ連を「独立の経済単位」とするための工業化方針を打出した。その後のソ連指導者は,数次の5ヵ年計画を通じて重工業化を強力に進めるとともに,一国社会主義の国際版である平和共存政策と,国内版である社会主義的生産関係論を展開し,61年の第22回党大会では,ソ連において「社会主義が完全かつ終局的に勝利した」と規定するにいたった。






2007-03-10 (土) 21:37:01 (4579d)