一般特恵関税

「一般特恵関税」についてのメモ。一般特恵関税とは…
HOME > 一般特恵関税

一般特恵関税

GSP。先進国が開発途上国から輸入する財に対し最恵国関税(一般関税)よりも低い関税率を適用すること。

1970年の国連貿易開発会議の決議に基づき導入された,先進国が,開発途上国からの輸入品に対して,先進国からの輸入品に対するよりも低い税率(特恵関税)を適用する制度。《1》一定の条件を満たした開発途上国全てに対して等しく適用し,《2》受益国は開発途上国のみであり,《3》先進国からの一方的な恩恵の供与であるという特徴を有する。






2007-03-10 (土) 21:37:03 (3668d)