永楽帝

「永楽帝」についてのメモ。永楽帝とは…
HOME > 永楽帝

永楽帝 †

1360〜1424]中国、の第3代皇帝。在位1402〜24。太祖の第4子。名は朱棣(しゅてい)。靖難(せいなん)の変を起こして即位。諸王を抑え君主権を強化し、宦官(かんがん)を重用。のち南京(ナンキン)から北京(ペキン)に遷都。対外的には積極策をとり、他国からの朝貢も盛んだった。また、「永楽大典」「四書大全」などの編纂(へんさん)を命じた。太宗。成祖。

1360-1424) 中国、明の第三代皇帝(在位 1402-1424)。名は棣(たい)。諡(おくりな)は文皇帝。廟号(びようごう)は太宗、のちに成祖。洪武帝の第四子。洪武帝の死後、靖難(せいなん)の役で建文帝を倒して即位。北京を都とし、皇帝権の伸長に努め、モンゴルを攻め、また鄭和(ていわ)を南方に派遣して諸国を従わせた。

永楽帝の政策

  • 内政
  1. 北京遷都
  2. 内閣大学士の設置
  3. 運河の築造(北京一南京)
  • 外征
  • 漠北親征(オイラート、タタールの征討)
  1. 鄭和の南海遠征





2007-03-10 (土) 21:37:09 (3758d)