奥むめお

「奥むめお」についてのメモ。奥むめおとは…
HOME > 奥むめお

奥むめお †

社会事業家・婦人運動家。福井の生まれ。

  • 平塚らいてう市川房枝らと新婦人協会を結成して婦人運動に活躍。昭和二二年(一九四七)参議院議員に当選。その後、主婦連合会を創立して会長に就任。

(1895―1997)社会運動家。福井県に生まれる。本名奥梅尾{むめを}。日本女子大学卒業後、女工として住み込むなど早くから社会問題に関心を示し、1920年(大正9)には新婦人協会の設立に参加、婦人参政権運動を推進した。しかし、運動への反省から、その後は婦人の生活問題を重視するようになり、婦人雑誌の編集、消費組合運動、産業組合婦人部の設立運動などに従事、さらに敗戦まで婦人セツルメント運動を主導した。戦後は47年(昭和22)参議院議員に当選、以後三期参議院議員。この間、48年には主婦連合会を結成、「おしゃもじの主婦連」の会長として、消費者運動を主導した。






2007-03-10 (土) 21:37:13 (3875d)