奥州藤原氏

「奥州藤原氏」についてのメモ。奥州藤原氏とは…
HOME > 奥州藤原氏

奥州藤原氏 †

  • 平安末期、平泉を拠点に陸奥・出羽を支配した大豪族。
  • 初代藤原清衡以降、藤原基衡・藤原秀衡を経て1189年四代藤原泰衡が源頼朝に滅ぼされる。

平安時代末期(11世紀末〜12世紀末)の東北地方の豪族。藤原清衡,基衡,秀衡,泰衡の4代をいう。清衡,基衡,秀衡3代のミイラ化した遺体と泰衡の首が岩手県中尊寺金色堂の須弥壇の下に葬られている。奥州藤原氏は,かつては蝦夷の出身でアイヌの血をひくものと考えられていた。しかし初代清衡の父の藤原経清は俵藤太秀郷の子孫で,系譜的には中世の武士に多い秀郷流藤原氏である。1950年に行われた遺体調査の結果も,彼らがアイヌ人らしくないことを明らかにした。初代清衡は,はじめは出羽の清原氏の一員として育った。それは父の経清が前九年の役で安倍頼時,貞任に味方したため源頼義に殺され,母の安倍氏(頼時の娘)が乱後清原武貞に再嫁したためである。その後清衡は,後三年の役で源義家とともに異父兄弟の清原家衡と戦って勝ち,安倍・清原両氏の支配権をそっくり継承し,1094年(嘉保1)ごろ磐井郡平泉に居を定めた。以後4代にわたって,藤原氏はそこを根拠地として奥羽に勢力をふるい,また京風の仏教文化を移入してその地を都市化した。初代清衡は中尊寺を,2代基衡は毛越(もうつ)寺を,3代秀衡は無量光院をそれぞれ創建したが,今にのこるのは中尊寺の金色堂と毛越寺の庭園だけである。3代秀衡のときが最盛期で,彼は1170年(嘉応2)鎮守府将軍になり,また源頼朝挙兵後の81年(養和1)には平家の強力な推薦によって陸奥守になった。しかし頼朝に追われる源義経をかくまったこともあって,89年(文治5)には頼朝の攻撃を受け,敗北・滅亡した。奥州藤原氏は,陸奥の産金をもととするその強大な財力,3代のミイラ,京風の先進仏教文化の辺境の地への移植などの事実によって,日本史上特異な位置を占める。だがその本質は武士であり,4代は一貫して陸奥・出羽押領使として奥羽両国の武士を統率する地位にあった。その武家政権成立史上の意義も無視できない。






2007-03-10 (土) 21:37:14 (5311d)