応仁の乱

「応仁の乱」についてのメモ。応仁の乱とは…
HOME > 応仁の乱

応仁の乱 †

  • 1467年(応仁元年)〜1477年(文明九年)の内乱。
  • 細川勝元と山名持豊(宗全)との対立に、将軍足利義政の跡継ぎ問題、斯波(しば)・畠山両管領家の相続争いがからんで、諸国の守護大名が細川方の東軍と山名方の西軍に分かれて戦った。
  • 戦乱は全国的規模に発展し、戦国時代を現出。
  • 京都は戦乱のため荒れ果て、以後幕府の権威は失墜した。
将軍家中心人物畠山氏斯波氏
東軍足利義視細川勝元畠山政長斯波義敏
西軍足利義尚山名持豊(宗全)畠山義就斯波義廉

応仁の乱の結果 †

  1. 足軽の活躍
  2. 地方文化の普及
  3. 下剋上の風潮
  4. 荘園制の崩壊→郷村制





2007-03-10 (土) 21:37:14 (4244d)