欧州中央銀行

「欧州中央銀行」についてのメモ。欧州中央銀行とは…
HOME > 欧州中央銀行

用語-ア行

欧州中央銀行 †

ECB

欧州中央銀行制度(ESCB)(European System of Central Banks)〔国際通貨用語〕
EC通貨同盟の中心的な機関であり、その基本的な性格はドロール報告に提案されているものと変わらないが、マーストリヒト条約(→別項)では次のような構成になっている。すなわちESCBは連邦的な形態をとり、それは欧州中央銀行(ECB European Central Bank)とEC加盟国の中央銀行により構成される。そして前者のECBは評議会(governing council)と理事会(executive board)よりなる。評議会は最高の決定機関であり、一二カ国の中央銀行総裁と理事会を構成する六名の理事よりなる。ただし、第三段階に移行できなかった国(適用除外国 member state with a derogation)の中央銀行総裁は評議会には参加できない。理事は常任であり、首脳会議の任命による。各国の中央銀行はECBの決定を実施するが理事会はその監督も含む日常的な運営の責任を負っている。
このほかにECBの総裁、副総裁および適用除外国の中央銀行総裁も含む全中央銀行総裁からなる一般評議会(general council)という機関もあり、ECBと適用除外国の中央銀行とを結び付ける機関である。






2007-03-10 (土) 21:37:16 (4941d)