欧州通貨危機

「欧州通貨危機」についてのメモ。欧州通貨危機とは…
HOME > 欧州通貨危機

通貨危機

欧州通貨危機 †

 1992年〜1993年にかけて連続して発生した欧州通貨制度(EMS)発足以来最大の通貨危横。

  • 1992年9月の危機
    1. デンマークの第1回国民投票でマーストリヒト条約の批准が否決され,経済通貨同盟(EMU)の先行きに不透明感が生まれていたこと
    2. ドイツ統一に伴う財政負担とインフレ圧力から,ドイツが高金利政策を維持し続けたこと
  • などを背景に,投機筋によって独マルクが買われ他の弱い通貨(特に英ポンドと伊リラ)が売られた。その結果,同年9月13日に為替相場メカニズム(ERM)は5年9カ月ぶりに中心相場の再調整(伊リラの3.5%切り下げ,その他通貨の3.5%切り上げ)に追い込まれ,9月17日にはイギリスとイタリアがERMから離脱,スペイン・ペセタの中心レートが5%切り下げられた。
  • 1993年7月の危機には…

 EU圏の経済停滞が深刻化する中でドイツが公定歩合の引き下げを見送ったことから通貨危機が再発し,8月2日にERMの変動幅が従来の上下各2.25%(スペイン・ペセタとボルトガル・エスクードは同6%)から一挙に15%(独マルクとオランダ・ギルダーは除く)へと拡大された。






2007-03-10 (土) 21:37:16 (4941d)