下関条約

「下関条約」についてのメモ。下関条約とは…
HOME > 下関条約

馬関条約

下関条約 †

  • 日清戦争の講和条約。
  • 1895年(明治28)4月、下関で日本全権・伊藤博文&陸奥宗光と清国全権・李鴻章が調印。
  • 清国は朝鮮の独立確認、遼東半島・台湾・澎湖諸島の割譲、賠償金二億両(テール)の支払い、沙市・重慶・蘇州・杭州の開市・開港などを認めた。
  • しかし、調印直後ロシアを中心とする三国干渉のため、日本は遼東半島を返還。

下関条約の内容 †

  1. 朝鮮の独立を認める
  2. 遼東半島、台湾、澎湖諸島の割譲
  3. 賠償金支払い





2007-03-10 (土) 21:37:24 (4660d)