価値論

「価値論」についてのメモ。価値論とは…
HOME > 価値論

価値論 †

経済学で、商品の価値の本質・形成過程などについての理論。

価値判断や価値評価などを中心問題とする価値哲学をいう。価値論の歴史は古代にさかのぼるが、哲学の1分野として価値論への関心が高まったのはそう古いことではなく、せいぜい19世紀の末からである。その精神史上の背景には、近代西欧の伝統的価値観たるキリスト教的価値観が無力かつ無意味になったという多くの人の実感がある。このことをもっとも明確に公言したのは、現代を「二千年にわたりキリスト教徒であったことの償いをせねばならぬ時代」として従来の「一切の価値の顛倒{てんとう}」を唱えたニーチェであった。
 こうした伝統的価値への絶望の時期が哲学的価値論の発生期にあたる。元来、価値ということばは経済学上の用語として明確な意味をもつようになったが、哲学的価値論も、19世紀末、オーストリアのマイノング、エーレンフェルス、クライビッヒらが経済学上の価値論争との関連で議論を始めたことが発端である。そのため当時の価値論者は、価値を人間生活、とくに人間の欲望や感情と不可分のものと考えた。価値とは欲望や感情の対象であるという説を自然主義あるいは心理主義とよぶが、この種の価値論はもともと経験主義の有力な英米やスカンジナビア諸国で主たる潮流となる。
 哲学的価値論発祥の地オーストリアやドイツでは、ブレンターノ流の心理主義を脱し、価値を感情を通じて「現れる」ところの客観的絶対的なものとする見方が有力になる。価値とは、主体の欲求に制約されることのない「端的に価値に満ちたもの」(ミュンスターベルク)であり、財物から区別されるア・プリオリ(先天的)な価値秩序が存在すると考えるようになった。ここにM・シェーラーを主たる唱導者とする絶対主義的価値客観主義が成立する。
 一方、価値が財物から区別された理念的なものであるとしても、価値の秩序や体系など存在せず、ありうるのは究極の価値間の対立、「神々の争い」(M・ウェーバー)だと考えるとき、絶対主義的価値多元論が成立する。
 理念主義が優勢なドイツ語圏の価値論は絶対主義的傾向が強いが、経験主義の伝統下にある英米圏では、価値論も経験主義的で、相対主義的である。とくに20世紀の英米の価値論は、価値を欲求の対象とする自然主義と並んで、価値とは、事実とは区別される人間の感情や行為の機能であると考える主観主義が有力となった。これは、価値は判断の主体たる個人や集団に依存するとみる相対主義と結び付き、今日の価値論議の中心になっている。






2007-03-10 (土) 21:37:26 (5060d)