科挙

「科挙」についてのメモ。科挙とは…
HOME > 科挙

《科目によって人材を挙げ用いる意》

科挙制 †

  • 中国で古くから行われた官吏登用のための資格試験。
  • 隋・唐の時代に制定され、清末の1905年廃止。
  • 唐代には秀才・明経・進士など六科(りくか)があり、から成り、科ごとに古典的教養・文才・政論などを試験した。
  • 宋代からは進士の一科となり、試験も解試・省試・殿試の三段階となり、明・清代でも郷試・会試・殿試が行われた。
  • 官吏としての栄達にかかわるため、過当な競争を生むなどの弊害を生じた。
  • 科挙制度の目的
    1. 貴族の官職独占防止
    2. 君主権強化





2007-03-10 (土) 21:37:31 (4061d)