過当競争

「過当競争」についてのメモ。過当競争とは…
HOME > 過当競争

excessive competition

過当競争 †

同業の企業が市場占有率を拡大しようとして起こる過度の競争状態。価格が引き下げられ、正常以下の利潤しか得られない。

excessive competition
一般に市場における競争が度を越している状態をいうが、とくに企業間競争についていうことが多い。どこまでが適正でどこからが過当かについては、明確な基準はなく、状況的に判断するしかない。日本で過当競争が顕著とされるのは、次の3分野である。第一は、主として大企業相互間で行われるマーケット・シェア(市場占有率)の維持、拡大のための競争であり、これが設備投資競争や販売合戦を生み出す。価格引下げや製品開発のような利点もあるが、重複投資のような欠点も小さくない。第二は、中小企業相互間で行われる生存競争で、目先の利益のために低い生産条件と労働条件を競い合い、共倒れ的現象に陥る状態をいう。第三は、外国市場に対する輸出競争であり、とくに国内市場が不況になると、活路を外国市場に求める集中豪雨型の出血安売り輸出が多くなり、貿易摩擦の原因となる。自由主義経済をとる限り、過当競争の可能性はなくならない。

明確な定義はないが,企業がかなりの期間にわたって正常以下の利潤しか得られないか,または損失をこうむるような「破滅的」競争のことをいう。ここで正常以下の利潤とは,投資に対する基本的な利子を支払うのに不十分な利潤のことである。過度競争とよぶこともある






2007-03-10 (土) 21:37:33 (4579d)