会計学

「会計学」についてのメモ。会計学とは…
HOME > 会計学

会計学 †

  • 企業などの会計に関する学問。簿記技術、固定資産・流動資産の評価並びに経営分析、原価計算、予算統制などを研究の対象とする。

accounting
広く経済学の一分野として,会計という形式を通じて社会の動態的経済秩序を研究する科学。会計学は会計の形式で国民所得計算を研究する社会会計論と企業会計に分れる。企業会計はさらに企業の期間的損益計算を研究する財務会計論と経営管理のための会計を研究する管理会計論に分れる。伝統的に会計学は財務諸表論が主流であったが,最近会計の本質を情報システムと解する会計情報論の立場が擡頭し,意思決定のための会計情報の研究を中心に従来の管理会計論の分野の発達が著しい。

広くは、営利企業、公共および公益事業、社会福祉や教育などの非営利企業、国家、各種団体や組合、さらに地域社会や家庭などを対象として、それらの領域に関連する諸事象を計数的に把握し、記録、計算、整理、さらに報告する理論と技術を研究内容とする学問領域をいう。しかしながら、とくに限定せずに会計学という多くの場合には、営利的企業の損益計算と財務計算に関連する研究分野であると理解して差し支えない。これは一般に企業会計とよばれている。






2007-03-10 (土) 21:37:34 (5064d)