確率論

「確率論」についてのメモ。確率論とは…
HOME > 確率論

theory of probability

確率論

偶然事象に関して、その起こる確率の理論と応用を研究する数学の一部門。公算論。

確率の一般法則を論ずる数学の一部門。パスカルなどに始まり、数理統計学・誤差論など科学の方法として応用されている。
 
確率の数学的論理は,17世紀中葉に賭博の問題などから生まれてきた。現代の推測統計学では,標本に基づき母集団に関して行う推論の信頼性を表現する場合などに確率の概念は欠くことのできないものである。現在では確率論は少数の公理により構築され,ルベーグ測度論と密接な関連を持つ。したがって経験的確率とは無関係と考えてよい。






2007-03-10 (土) 21:37:49 (4906d)