株仲間

「株仲間」についてのメモ。株仲間とは…
HOME > 株仲間

株仲間 †

  • 江戸時代、商工業の発達にともない、商人・職人らが共同の利権を確保するために結合した同業組合。
  • 初めは私的なものであったが、幕府や諸藩は冥加金をとりたて、これを保護・公認した。
  • 幕府・諸藩は株仲間を通じて経済統制を行い、株仲間は冥加金を納める代わりに営業の独占権を与えられた。

株仲間の変遷 †

  • 禁止期 江戸初期(17世紀前半)
    • 幕府直営かその監督下にある貨幣発行・度量衡などの座以外は禁止
  • 結成期 元禄時代(17世紀後半)
    • 公安保持、良品製作・販売などのために命令伝達単位として黙認
  • 公認期 亨保時代(18世紀前半)
    • 株仲間結成令で公認物価調節や商工業統制を企図
  • 奨励期 田沼時代(18世紀後半)
    • 商品流通拡大運上・冥加金の増徴を企図
  • 解散 天保改革(1840年代)
    • 株仲間解散令(1841年) 1843年以降取締緩和





2007-03-10 (土) 21:37:55 (4607d)