鎌倉時代

「鎌倉時代」についてのメモ。鎌倉時代とは…
HOME > 鎌倉時代

鎌倉時代 †

鎌倉に幕府が置かれていた武家政権時代の称。ふつう、文治元年(一一八五)源頼朝が守護・地頭を設置したときから、元弘三年(一三三三)北条高時が滅亡するまでの約一五〇年間をいうが、始期については諸説がある。

通常、源頼朝が平氏を滅ぼして全国の軍事警察権を掌握した1185年から、北条高時が滅びる1333年までの約150年間をいう。始期については、頼朝挙兵の1180年、東国行政権の認められた1183年、征夷大将軍になった1192年など諸説がある。

  • 保元の乱平治の乱の勝利後成立した日本初の武家政権の平氏政権は、重要地に家人を配したり、大輪田泊の修築、音戸の瀬戸の開削によって可能となった大型船を用いた日宋貿易を行うなど開明的な一面をもっていたものの、基本的に
    は外戚政策、知行国制度にみられる如く貴族的色彩を帯びていた為地方武士の信頼を失い、伊豆で挙兵した源頼朝らの源氏の勢力によって滅ぼされるにいたった。
  • 源頼朝は、源平争乱中の1180年に侍所、1184年に公文所、問注所という後の鎌倉幕府の三大機構を設立し、平氏滅亡後の1185年には、後白河法王に追って全国に守護・地頭の設置を認めさせて実質的に幕府政治を始めたが、1192年に征夷大将軍に命ぜられ、名実共に鎌倉幕府が成立した。
  • 頼朝の死後、幕府の実権は北条氏に移る。幕府草創期からの有力御家人で侍所の別当であった和田義盛を滅ぼして、政所の別当と侍所の別当を兼任した北条義時によって、執権政治が始められた。源実朝が鶴岡八幡宮で公暁に暗殺された為、源氏の正統将軍は三代で断絶し、京都から摂家将軍が迎えられ、更に後鳥羽上皇以下の朝廷勢力がおこした承久の乱を制圧し、新補地頭、六波羅探題を設置することによって幕府の威勢は西国にまで及ぶようになった。北条秦時の治下に於いて、執権を補佐する連署、有力御家人の合議機関の評定衆の設置や最初の武家成文法の御成敗式目が制定されるなど幕府機構の改革が進められ、更に時頼の治下に裁判の迅速化を目的とした引付衆が設置されるに及んで、北条氏中心の執権体制は完成。
  • この頃になると、鉄製農具、多量施肥、牛馬耕の普及などの農業技術の進歩の結果、二毛作が普及し、手工業では、特権的同業組合の座が発達し、商業では宋銭の流人によって、貨幣経済・商品経済が発展して、定期市の三斎市の成立や年貢の保管・輸送を業とする問丸、金融業の借上(高利貸し)が発達するなど、経済的に大きな変化がみられ、こうした貨幣経済の進展が、後に御家人の生活を変質させでいくことになるのである。

 鎌倉中期に至り、幕府政治を動揺させる事件がおきた。 13世紀初期から活発な活動を開始していた蒙古民族は、蒙古帝国を成立させ、フビライの治下国号を元と改称して後も、諸国侵略を行っていたが、幕府(執権北条時宗)が服属を拒否した為、元は二度にわたって北九州に来攻した。元寇。幕府は異国警固番役を設置し、非御家人の動員、防塁の築造などを行い、更に折り好く来襲した大暴風雨も手伝ってようやく撃退した。しかし、活躍した御家人に十分な恩賞が与えられず、防備負担と貨幣経済の浸透の下で御家人の生活は困窮化していく。幕府は、御家人救済のために徳政令を発布し、御家人の売却地の取り戻し、借金の棒引きをはかったが、失敗した。
 この頃から、御家人社会では、血縁的同族的な惣領制が崩壊し、惣領と庶子の対立から有力名主との結合による地縁的支配関係が発展し始め、幕府との結びつきは弱まっていった。また霜月騒動以降確立した得宗専制政治は幕府存立基盤の御家人を離反させていった。こうした情勢をとらえて、後醍醐天皇を中心とした正中の変、元弘の変という二度の倒幕計画が試みられたが、時至らず、失敗して後醍醐天皇は隠岐に配流された。しかし、畿内周辺の悪党(楠木正成ら)や有力御家人(足利高氏、新田義貞ら)の結集で、鎌倉幕府は滅亡することになった。






2007-03-10 (土) 21:37:55 (3878d)