乾隆帝

「乾隆帝」についてのメモ。乾隆帝とは…
HOME > 乾隆帝

乾隆帝 †

  • 1711〜1799

中国、清の第6代皇帝。名は弘暦。廟号(びょうごう)は高宗。雍正(ようせい)帝の第4子。在位1735〜95。康熙(こうき)帝・雍正帝に続く清朝の最盛期。外征を行い、西域を国土化したほか、チベットにまで帝国の版図を広げた。また、学術を奨励し、「明史」「四庫全書」など多くの欽定書を編纂(へんさん)させた。

中国、清(しん)の第六代皇帝(在位 1735-1795)。諱(いみな)は弘暦。廟号(びようごう)は高宗。学術を奨励し「四庫全書」などを編纂させる一方で禁書・文字の獄を強化した。ジュンガル・台湾・インドシナなどに遠征。

  • 高宗乾隆帝
  1. 安南、シャムなどを征服し、清の領土は最大。
  2. 貿易港を広東に制限。
  3. 藩部を統治する機関として、理藩院を設置した。





2007-03-10 (土) 21:37:56 (4579d)