勘合貿易

「勘合貿易」についてのメモ。勘合貿易とは…
HOME > 勘合貿易

勘合貿易 †

  • 室町時代勘合を用いて行なった合法的日明貿易。
  • 中断したこともあったが、1404年(応永11)から約140年間続いた。
  • 幕府の朝貢の形式をとったが経営は有力守護大名や寺院が行い、応仁の乱後は大内氏が独占。
  • 銅・硫黄・刀剣などを輸出し、銅銭・生糸・絹織物などを輸入した。
開始3代将軍・足利義満 祖阿、肥富(こいずみ)らの勧めで決断。
中断4代将軍・足利義持(朝貢形式に反発)
再開6代将軍・足利義教





2007-03-10 (土) 21:37:57 (5334d)