官房学

「官房学」についてのメモ。官房学とは…
HOME > 官房学

cameralism (独)Kameralismus 官房学説。カメラリズム

官房学 †

  • 官房事務に必要な学問。
  • 特に17〜18世紀ドイツ、オーストリアで起こった財政、行政、経済政策に関する包括的な学問。
  • 重商主義のドイツ的変種といわれるカメラリスムスをある程度まで体系化したものをいう。
    イギリスの重商主義が王室の財政中心とはいえ,ある程度まで国民的視野に立っていたのに対し,16〜18世紀中頃にかけてのドイツにはまだ統一国家がなく,大小多くの領邦に分裂しており,完全な農業国で,その富強化のためには文化面も含めて国家問題の全般を掌握する特殊な専門家を必要としたことが,国家に関する諸科学,すなわち経済理論,経済政策,財政学,私経済学,行政学,技術工芸学などの集合体たる特有の官房学を生み出した要因と考えられている。

官房学ないし官房学派Kameralismusとは君侯の内府Kammerからきた言葉である。

前期官房学と後期官房学 †

1727年にハレ大学とフランクフルトアンデルオーデル大学に官房学の講座が開設されたときを境に通常は前期官房学と後期官房学とに分けて考えられており,前期の代表者はJ.ベッヒャー,W.シュレーダー,V.ゼッケンドルフらであり,後期の代表者はJ.ユスティ,J.ゾンネンフェルスらである。






2008-11-18 (火) 15:27:41 (3195d)