寛政の改革

「寛政の改革」についてのメモ。寛政の改革とは…
HOME > 寛政の改革

寛政の改革 †

天明七年(一七八七)から寛政五年(一七九三)にかけて、老中松平定信が行った幕政改革。享保の改革を理想として、倹約、備荒貯蓄の奨励、棄捐(きえん)令、人返し、異学の禁などの政策を遂行したが、景気が沈滞し、町人らの不満を買った。

江戸中期、1787年(天明7)から93年(寛政5)までに、老中松平定信によって行われた幕政改革。天明の飢饉(ききん)による農村の疲弊や田沼時代の失政による幕藩体制の危機的状況の回復を図ったもの。主な政策は、棄捐(きえん)令・七分金積立法・農業の復興・人足寄場の設置・異学の禁など。

松平定信の寛政の改革 †

  • 田沼政治の在り方を否定し,農業主体の政策への復帰をはかったのが,松平定信(1787年老中就任)てある。定信は,大名旗本だけではなく、町人農民にも倹約を徹底させた。田沼の政治とは反対に,商業に統制を加え,株仲間の解散,座の廃止,札差(ふださし)への圧迫という形をとることになった。定信は,旗本御家人の生活窮乏救済のため,1789(寛政1)年,棄損令を出し,札差に対する彼らの借財を取り消させたり,
    返済を低利の年賦にさせた。また囲米により米価の安定をはかり,貧民救済対策として町人に七分金積立の制を出し,町会所の設立を行なった。更に農村の労働力確保のため帰農令を発し,江戸に流れ込んた関東東北の農民を帰郷させた。

 定信の政策は,吉宗の改革と同様に農村の再建を基礎とし,商業資本を抑圧するものてあったが,それは現実の経済のしくみや市場の変化に対応できなかったため,一時的な成果を収めたにすぎなかった。






2007-03-10 (土) 21:38:00 (3702d)