桓武天皇

「桓武天皇」についてのメモ。桓武天皇とは…
HOME > 桓武天皇

桓武天皇 †

737-806
第五〇代天皇(在位 781-806)。名は山部(やまのべ)。光仁天皇の皇子。794年、都を平安京に遷した。在位中は坂上田村麻呂を征夷大将軍として東北地方に派遣するなど、朝廷権力を大きく伸長した。陵墓は山城国紀伊郡柏原にあり、柏原天皇とも呼ばれる。

光仁天皇の第一皇子。諱は山部。長岡京・平安京への遷都、蝦夷(えぞ)征討、最澄・空海の登用による平安仏教の確立、地方政治振興など内政面の業績が多い。

:桓武天皇、嵯峨天皇の政策 †

  1. 令外官(令の規定外の官職)の設置
    • 勘解由使(桓武天皇の時)、蔵人・検非違使(嵯峨天皇の時)
  2. 健児の制
    • 農民の軍団勤務を廃止して、郡司の子弟を軍人として採用する制度(桓武天皇の時)
  3. 東北地方の蝦夷征討
    • 征夷大将軍、坂の上田村麻呂による胆沢城の建設(桓武天皇の時)





2007-03-10 (土) 21:38:00 (4654d)