間接税

「間接税」についてのメモ。間接税とは…
HOME > 間接税

間接税 indirect tax †

法律上の納税義務者と実際の租税負担者とが一致せず、納税義務者以外の者に転嫁されることになる租税。

酒税・有価証券取引税など。間税。

直接税

一般的に租税をその転嫁の有無で区別して,転嫁がなされないものを直接税,転嫁されて納税義務者と実際の税負担者とが異なるものを間接税という。税の最終的な負担者を正しく確定することはむずかしいので,両者を厳密に区別することは容易ではない。通常間接税として分類されるのは,一般的な消費税,物品税,酒税などである。間接税は比例税を原則としているので,生活必需品などに課せられると,所得配分を不公正にする傾向があるが,所得税などに比べ税負担感が少いという特色もあるとされる。日本の1978会計年度の当初国家予算においては,間接税の全国税収入22兆7292億円に占める割合は30.8%であった。これに対し,ヨーロッパ,アメリカでは税収入に占める間接税収入の比率が日本よりずっと高い間接税中心の税体系になっている。→11-786 租税






2007-03-10 (土) 21:38:06 (3762d)