丸山真男

「丸山真男」についてのメモ。丸山真男とは…
HOME > 丸山真男

丸山真男 †

昭和・平成時代の政治学者(1914‐1996)。大阪生まれ。東京大学名誉教授。政治思想史専攻。独自な方法論的研究を打ち出し,鋭利な分析によって学界・論壇の注目を集めた。戦後民主主義を代表する知識人。著書「日本政治思想史研究」「現代政治の思想と行動」など。▽父の幹治は政治評論家。

1914.3.22‐96.8.15

  • 政治学者・思想家。大阪生れ。1937年東大法学部卒。50‐71年東大教授。戦前・戦中の東大助手・助教授時代に近世日本における近代的思惟の形成を探求し,「日本政治思想史研究」(52年刊)に結実。広島で敗戦を迎え,「世界」46年5月号の「超国家主義の論理と心理」などで日本軍国主義の精神構造を鮮やかに分析,衝撃を与えた。大塚久雄らとともに*近代主義とよばれ,49年*平和問題談話会設立や60年安保闘争に*戦後民主主義を守る立場から積極的に参加,いわゆる進歩的知識人の代表格として指導的役割を果した。西欧思想・文化についての広く深い理解をもとに「現代政治の思想と行動」「日本の思想」など日本の精神風土を解明する数々の名著を発表,晩年は福沢諭吉や日本思想の原型に深い思索を加えた。〔丸山真男集・17巻・1995‐97〕





2007-03-10 (土) 21:38:11 (5153d)