丸山眞男

「丸山眞男」についてのメモ。丸山眞男とは…
HOME > 丸山眞男
  • 丸山真男

丸山眞男 †

 1914年-1996年。政治学者。専攻は政治思想史。

 アカデミズムの領域を越えて、戦後民主主義のオピニオン・リーダーとして発言をおこない、大きな影響を与えた。

 ジャーナリスト・丸山幹治の次男として、大阪府に生まれた。父の友人・長谷川如是閑らの影響を受け、大正デモクラシーの潮流のなかで思想形成をおこなう。

  • 1937年に東京帝国大学法学部を卒業後、
  • 1950年東大教授、
  • 1974年から名誉教授。
  • 1978年に日本学士院会員に選出。

戦前から荻生狙来の研究で封建日本における近代的思想の成長を実証。福沢諭吉の自由観からも学んで、当時の国体論を批判。戦中は応召して広島市宇品で被爆した。

戦後の1946年に月刊誌「世界」で発表した論文「超国家主義の論理と心理」で、日本型ファシズムを痛烈に批判して敗戦直後の日本人に衝撃を与え、一躍論壇の注目を集めた。

以後、民主主義を擁護、学問としての思想研究を促すために次々と論文を発表。日本政治史の分野で「丸山政治学」と呼ばれる独自の学風を示し、戦後の思想界をリードし続けた。

また、第二次世界大戦の講和問題では平和問題談話会に参加、1960年安保問題でも積極的に発言し、現実の政治や社会にも大きな影響を与えた。

著作「日本政治思想史研究」「現代政治の思想と行動」「日本の思想」などは欧米でも出版され、日本研究の古典とされている。日本人としては数少ない英国学士院会員の外国会員に選ばれた。米プリンストン大、ハーバード大から名誉博士号を受け、英オックスフォード大各員教授も努めた。

  • 1937年(昭和12)東京帝国大学法学部卒業。助手を経て40年東大助教授。戦後(1953)一書にまとめた『日本政治思想史研究』を、戦時下『国家学会雑誌』に5年間掲載して応召。50年(昭和25)東大教授、71年辞職。東大法学部では、東洋政治思想史という広範で未開拓な分野の講座を一貫して担当。一方、主著『増補版・現代政治の思想と行動』(1964、初版は1956〜57)では、ナショナリズム、ファシズム、超国家主義、天皇制、明治維新、近代化政治などの論から、ソ連のスターリン体制や中国共産革命の批判に至るアクチュアルで同時に原理的な評論を集大成して、戦後の思想界に主導的な役割を果たした。何々の「思想と行動」という言い方は一種の流行語ともなり、この論集の後記に書いた「私自身の選択についていうならば、大日本帝国の“実在”よりも戦後民主主義の“虚妄”の方に賭(か)ける」ということばは丸山政治学の全体を象徴している。彼の戦争中の青春期モニュメントといえる『日本政治思想史研究』は、江戸時代の儒学者荻生徂徠(おぎゅうそらい)から国学者本居宣長に至る思想展開の過程に近代化の萌芽(ほうが)をみいだす仕事で、戦後の近世史や宣長研究の礎石を築くものとなった。
  • 晩年『「文明論之概略」を読む』(岩波新書上中下、1986)を発表、『日本の思想』(岩波新書、1961)とともに、啓蒙(けいもう)実践の学者の面目、躍如たるものがある。〈中島 誠〉【本】丸山真男著『増補版 現代政治の思想と行動』(1964・未来社) ▽同著『日本政治思想史研究』新装版(1983・東京大学出版会) ▽同著『「文明論之概略」を読む』上中下(岩波新書) ▽同著『日本の思想』(岩波新書) ▽同著『戦中と戦後の間』(1976・みすず書房) ▽同著『後衛の位置から』(1982・未来社)
  • 丸山の思想の根底にあるのは,独立自尊の主体的精神に定礎された民主政治を追求する課題である。この立場から,日本人の政治意識,とくに天皇制下の精神構造の批判的分析を行うとともに,ファシズム,スターリニズム,マッカーシズム,大衆社会化状況などに対しても鋭いメスをふるい,かつ戦後日本の民主化のために論陣を張った。また,そうした活動を通じて,理念的・原理的立場の堅持,客観的状況のマクロ的把握,柔軟な動態的思考(プラグマティズム)が共存しあった政治的思考を体現してみせた。同様な立場からの思想史研究上の業績としては,日本近世政治思想における思惟の構造転換を社会の変化との関連で析出し,荻生徂徠から本居宣長に至る線上に近代的思惟の萌芽を捉えたこと,福沢諭吉の思想を主体的思惟のあり方を示すものとして普遍化させたこと,〈《日本の思想》〉における〈雑居〉性の構造分析などがある。 

丸山眞男と戦後民主主義 †

  • 第二次大戦後の日本は,GHQの指導の下,民主主義国家として再出発することになる。国民主権の原理と象徴天皇制とを組み合わせた日本国憲法の制定によって,制度的には民主主義が確立したかに思われたものの,そこには,制度的骨格にいかに内実をともなわせるかという問題が残った。この問題に取り組んだのが,いわゆる戦後民主主義(戦後啓蒙・市民社会派とも呼ばれる)の論者であり、論壇をリードしたのが,政治学者の丸山眞男である。
  • 戦前に書かれた論文をまとめて1953年に刊行された『日本政治思想史研究』は,儒教を中心とする江戸時代の思想の変容をたどるという専門的な内容であったにもかかわらず,大きな注目を集めた。というのも,それは,明治維新以前の日本の封建思想の内部に,すでに「近代的思惟」の萌芽が見て取れるという内容を含むものであったからである。丸山が高く評価するのは,荻生徂徠の著作に表れる一つの認識枠組みである。
  • 「自然」から「作為」への転換
    • 徂徠において,法制度は自然にできあがったものではなく,先王が意図的に制定したもの,「作為」の所産によるものという明確な意識が観察される。これは,西洋政治思想においてホップズがなしとげた鮮やかな国家像の転換,すなわち,国家を自然的共同体ではなく,人間が意図的に作り上げた「人工的人間」とみなすという転換を彷彿とさせるものである。徂徠学が江戸幕府の支配を支える体制イデオロギーであったとしても,そこに見られる「自然」から「作為」への転換は,幕藩体制を支える論理を根底から揺るがしかねない潜在力をもったものだというのである。この自然から作為へという分析視角は,戦前の日本の軍国支配を支える精神構造の分析にもあてはめられる。すなわち,論文「超国家主義の論理と心理」(1946)において,日本帝国の政治指導者は開戦の決定に際して何らの明確な決断もなさず,「何となく何物かに押されつつ,ずるずると国を挙げて戦争の渦中に突入した」。このような主体的決断を回避する精神構造は,まさに政治を「作為」としてとらえる意識の欠如を示している。丸山はあえてナチス・ドイツの指導者を引照し,彼らが少なくとも開戦に関して主体的な決断を行い,その結果,自らがなしたことに対する明確な責任の意識をもっていたと指摘する。「戦犯裁判に於て,土屋は青ざめ,古島は泣き,そうしてゲーリングは哄笑する」。このように,天皇制国家を支えた日本人の精神構造は,主体的決断の回避とそれにともなう責任の自覚の欠如であり,これが西洋の「国家主義」とは異質な「超国家主義」とでも名づけられる独特の国家観を生み出したという。
    • 日本社会には「作為」の論理がなかなか定着せず,つねに「自然」の論理へと引き戻される傾向がある。戦後の日本においても,この傾向はなかなか払拭されない。丸山によれば,これこそが日本に真の民主政治を確立することを妨げる決定的な要因なのである。近代化の道を着々と歩む日本は,表面的には,「である」という価値から,「する」という価値への転換に成功したかに見える。しかし,組織こおける「建前」と「本音」の使い分けに見られるように,潜在的にはこのような思考様式は残存しているとされる。
    • このように,「自然」ないしは「である」ことの論理の残存という点をもって日本の「前近代性」の証拠とするのが,丸山の基本視角であった。
    • こういった丸山に対しては,しばしば,西洋近代の諸価値をあまりにも理想化しすぎているという批判が展開されてきた。日本の伝統が育んできた可能性を擁護しようという保守派の論客や,逆にマルクス主義者や西洋近代を批判的に乗り越えようとする論者から見ると,丸山は,一方であまりにも日本に対して一面的な見方をしており,他方であまりにも西洋近代のもたらした負の側面に無批判であるということになる。
    • こういった批判に対しては,丸山の政治論の全体像をとらえての批判ではなく,その実像をいたずらに矯小化しているといった反論もなされる。たしかに,丸山には,武士のエートス(気風や精神)としての封建的忠誠という観念が「反逆」という形態での批判精神と表裏一体のものであったことに着目する綿密な研究もある(丸山,1960)。そこでは,近代の天皇制国家は,封建的忠誠の観念を解体し,代わりに反逆のダイナミズムをともなわない国家への絶対的忠誠という観念を成立させた,という思想史的見取り図が措かれる。このような仕事もふまえるならば,丸山が少なくとも単純な西洋近代中心主義者であったとはいえないであろう。
  • 近年では,リベラルとみなされてきた丸山の中に潜むある種のナショナリズムの側面を暴露する,といった議論も展開された。
  • 「歴史意識の『古層』」(1972年)
    • 丸山は,日本が外来の思想(儒学や仏教や西洋思想)を次々と受け入れては,それを日本的なものへと変容させてしまうメカニズムを,「つぎつぎになりゆくいきほい」という『古事記』や『日本書紀』から抽出したフレーズで象徴的に定式化。あたかも古来より現在まで継続して存在する日本文化に固有の性質(「古層」)が実体として存在するかのように見える議論は,結果としては丸山が批判してきたはずの「日本精神」論(日本には日本に固有の精神があり,それを尊重すべきだと唱える議論)と同型の議論になってしまっている,と批判される。
  • こういったイデオロギー的な評価とは別に,丸山のモデルの有効性そのものを学問的に評価する作業もなされてきた。
  • 高度成長期以降,日本の社会構造や政治意識は大きく変容し,もはや丸山が措いた図式だけで日本の政治の実体を解明するのは困難になってきた。しかしながら,その影響力はいまなお根強い。





2008-05-29 (木) 23:07:36 (3405d)