希少性

「希少性」についてのメモ。希少性とは…
HOME > 希少性

 経済学とは、希少な財・資滞を競合する目的のために、選択・配分する仕方を研究する学問である。

 財やサービスは、人間の欲望を満たすほど十分に存在しない場合、布少であるといわれる。資源は、人間の欲望を満たす財やサービスを生産するための投入物として用いられる。資源とは、石炭、石油、労働、土地、資本財などのことであり、資済も生産を通じて人間の欲望を満たすほど十分に存在しないときに、希少であるといわれる。

 資源が限られている以上、何をどれだけ生産するかという判断が必要となり、限られた対象から最適なものを選択する。選択は、競合する複数の対象があってこそ問題となる。希少性をもつ資源、財、サービスを、競合する目的のために配分する方法を研究することが経済学の本質である






2007-03-10 (土) 21:38:18 (3812d)