菊と刀

「菊と刀」についてのメモ。菊と刀とは…
HOME > 菊と刀

菊と刀 †

  • アメリカの女性人類学者ルース・ベネディクトの主著の一つ。
  • 原著は1946年に刊行され、48年(昭和23)に日本語訳が出版。
  • 伝統的な家族制度を支えている日本人の道徳体系は,恥辱を何よりも恐れることを基調としており,ヨーロッパ的な道徳体系と異なることを指摘。
  • 第二次世界大戦下のアメリカの一連の戦時研究のなかから生まれた日本研究の名著。
  • アメリカの戦時情報局が力を入れた日本研究の成果の一つ
  • 現地調査は行えなかったが,文書資料や映画,捕虜などとの面接を材料に文化のパターンを抽出。
  • 本に関する書物,日本人の作った映画,在米日本人との面接等を材料として研究をすすめ,対象社会から文化類型を抽出しようとする方法に基づいて,日本文化の基調を探究し,執筆。
  • 恥の文化と罪の文化という分類を提出。

菊と刀 †

  • 直接現地調査ができないという制約にもかかわらず、在米日系人との面接、文学や映画の分析などを通じて、複雑な日本社会の体質に鋭く迫っている。日本社会を特徴づける上下関係の秩序に注目し、その秩序のなかで「各人にふさわしい位置を占めようとする」人々の行動や考え方について、「恩」「義理」といった日本人独特の表現を手掛りに分析を進めている。
  • とりわけ日本の文化を、内面に善悪の絶対の基準をもつ西洋の「罪の文化」とは対照的な、内面に確固たる基準を欠き、他者からの評価を基準として行動が律されている「恥の文化」として大胆に類型化した点は、戦後の日本人に大きな衝撃を与えた。

日本人の〈義理〉〈恩〉〈恥〉といった観念の解釈をめぐって,戦後日本の思想界に大きな波紋を投じた。第2次大戦中,米軍の攻勢が確実になったころ,政府,戦時情報局は彼女に日本研究の仕事を委嘱した。

  • 日本人は礼儀正しいといわれる一方,不遜で尊大であるともいわれ,固陋であると同時に新しい事物への順応性が高いともいわれる。また美を愛し菊作りに秘術を尽くす一方では,力を崇拝し武士に最高の栄誉を与える。それは欧米の文化的伝統からすれば矛盾であっても,菊と刀は一枚の絵の二つの部分である。民族の思考と感情から出た習慣と行動には必ず一貫性があるという,ベネディクトの文化統合形態の理論に彼女の直観的な人文学的才能がプラスされ,欧米人による日本文化論として名著との評価が定着した。
  • この著作に対して日本では川島武宜,津田左右吉,和辻哲郎,鶴見和子らの批判と評価がなされた。 

【本】
長谷川松治訳『菊と刀』(社会思想社・現代教養文庫)
津田左右吉「菊と刀のくに」(『展望』1957年5月号所収・筑摩書房)
作田啓一著『恥の文化再考』(1967・筑摩書房)
土居健郎著『甘えの構造』(1971・弘文堂)






2008-07-23 (水) 22:42:21 (3713d)