吉野作造

「吉野作造」についてのメモ。吉野作造とは…
HOME > 吉野作造

吉野作造 †

1878-1933

  • 政治学者・思想家。宮城県生まれ。東大教授。
  • 民本主義を唱え、普通選挙・政党内閣制を主張。活発な啓蒙活動を展開、黎明会・新人会・社会民衆党の結成に貢献するなど、大正デモクラシーを指導。

大正デモクラシーの代表的思想家。1904年東京大学卒業。06年清国直隷総督袁世凱に招かれ天津の北洋法政専門学堂の教習,09年東大助教授,10年から3ヵ年イギリス,ドイツ,フランス,アメリカに留学,14年教授に進み政治史,政治学を担当。同時に『中央公論』により,盛んに民本主義の論陣を張り,普通選挙と政党内閣制の実施による民意の尊重を主張。18年福田徳三とともに思想団体,黎明会をつくり,またその影響下にあった学生により新人会が生れた。24年軍部攻撃の論文がもとで東大教授を辞任。一時朝日新聞社に勤めたが,再び東大講師として政治史を教えるかたわら,24年明治文化研究会を創立,その同人によって『明治文化全集』24巻を刊行した。『支那革命小史』『現代の政治』など著書多数。社会民衆党の結成(1926)と社会大衆党の成立(32)にも尽力した。






2007-03-10 (土) 21:38:30 (4512d)