窮乏化理論

「窮乏化理論」についてのメモ。窮乏化理論とは…
HOME > 窮乏化理論

窮乏化理論 †

資本主義経済では、資本の蓄積が進むに従って労働者階級の生活は困窮化するというマルクス主義学説。

impoverishing theory
資本主義社会のもとでは,生産の増大が社会的な富を増大させ,資本の蓄積をもたらすが,同時にそれは労働者の窮乏,貧困をも推し進めるものであるとする理論。K.マルクスは『資本論』において,一方ではこうした資本の蓄積に伴う労働者の窮乏化を資本主義生産に内在する普遍的法則であるかのようにとらえるとともに,他方では労働者の組織的団結がこれらの法則をある程度まで修正しうるもののように考えていた。この窮乏化理論をめぐって,19世紀末におもにE.ベルンシュタインとK.カウツキーとの間で論争が展開された。






2007-03-10 (土) 21:38:33 (4603d)