享保の改革

「享保の改革」についてのメモ。享保の改革とは…
HOME > 享保の改革

享保の改革 †

八代将軍徳川吉宗が主導。綱紀の粛正、質素倹約の励行、目安箱の設置、公事方御定書(くじかたおさだめがき)の制定、足高(たしだか)の制、上米(あげまい)の制、相対済(あいたいすまし)令、定免(じようめん)制の採用、新田の開発、新作物栽培の奨励などの政策が実施された。

将軍徳川吉宗が幕藩体制の安定と強化のため、その在任期間(1716-1745)を通じて行なった諸改革。幕政機構の再編、法制の立て直し、都市商業資本の統制、上米(あげまい)の制、定免制による年貢徴収の強化、新田開発、甘藷(かんしよ)など新作物栽培の奨励、米価の安定、通貨の統一、目安箱の設置など。

徳川吉宗による享保の改革 †

  • 紀州藩から8代将軍を継いだ徳川吉宗は,前代の奢侈に流れる風潮を押え,倹約を奨励し,幕政の改革をはかった。
  • 年貢増徴策として,それまでの検見法から,定免法(数年間の租税率を平均して一定税率を決める)をとり入れた。また,生産増加分の収奪をはかる有毛検見法(ありげけみほう)や畑作に対する三分一銀納法も導入して,増徴をはかった。さらに1722(享保7)年上米(あげまい)の制を実施し,大名から1万石につき100石の米を上納させ,旗本御家人の救済策とした。
  • 吉宗の幕政改革としては,他にも足高の制によって旗本の登用をはかったり(在職期間のみ石高を増す),相対済し今によって農民の江戸出訴を制限して訴訟事務を整理し,官僚機構の整備をはかった。なお,吉宗は米公方といわれたように,米価の安定に心を配り,商人に米を貯蔵させる囲米(かこいまい)を行なわせた。

寛政・天保の両改革とともに幕府の三大改革の一。






2007-03-10 (土) 21:38:35 (4147d)