共通通貨

「共通通貨」についてのメモ。共通通貨とは…
HOME > 共通通貨

共通通貨 †

東アジアの共通通貨 †

 東アジアの地域統合を進める上で、この地域で共通の通貨を使用することは重要な目標である。政治体制、宗教、民族等も異なる東アジアではその実現は容易でなく、20〜30年程度後になるという意見が多いが、アジア通貨危機をきっかけに域内金融協力の機運は徐々に高まっており、以前に比べれば現実味を増している。自国通貨が米ドルにペッグ(釘付け、リンク)していたことが通貨危機の一因であり、この点、各国通貨がまず個別通貨バスケット制に移行し、次いで共通通貨バスケット制に移行するという道筋が考えられる。貿易、資本取引で使用する米ドル、ユーロ、日本円の割合をみながらこのバスケットの内容を考える方法が望ましいとされている。各国で為替管理の必要がなくなり共通通貨誕生に向けた動きが強まれば、いよいよアジア各国通貨を構成通貨とした共通通貨バスケットが生まれる。むろんその場合、中国人民元は日本円や韓国ウォンと並んで大きな役割を果たすだろう。当面、技術的には、日本円、豪州ドル等の一部の通貨を除き、人民元を始めほとんどの東アジア各国通貨には実質的に為替管理が残っていることが障害として挙げられる。

知恵蔵2005[国際金融]分野






2007-03-10 (土) 21:38:38 (3665d)