教皇権

「教皇権」についてのメモ。教皇権とは…
HOME > 教皇権

教皇権の盛衰 †

世界史

キリスト教がヨーロッパに広まるにつれ、教皇は精神世界の指導者として権威、権力ともに強まり、11世紀〜13世紀には、教皇権が皇帝権をしのぐことになった。

もともと私有教会制の普及していたゲルマン諸国においては、教会は国王の私有物と考えられ、聖職者の叙任に干渉していた。その為、聖職売買や俗人の聖職取得などが行われ規律の退廃をひきおこした。これが11世紀後半以降のクリュニー修道院を中心とした粛清・改革の修道院運動の原因となった。クリュニー修道院出身のグレゴリウス7世は、聖職売買を禁止するなど教会改革を推進し、聖職叙任問題で神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世と争い、皇帝を破門、屈服させた(カノッサの屈辱)。その後も聖職叙任権闘争は、一進一退のまま続けられたが、1122年のウォルムス協約で決着した。

カンタベリー司教の任免を巡って英国王ジョンを破門、屈服させたことで知られる教皇インノケンティウス3世の時代が教皇権の最盛期で、「教皇は太陽、皇帝は月」との言葉がその絶頂を象徴している。1095年のタレルモンの公会議でウルバヌス2世が提唱し始まった十字軍は、このような教会の発展による宗教熱の高揚と教皇権の隆盛の中で行われた。

十字軍は第3回までは聖地回復を目的として宗教性が強かったが、第4回以降は政治的、経済的欲求が表面化。十字軍は、結局聖地奪回という所期の目的を達成出来ず、挫折に終わったことで、教皇の権威は動揺し、遠征の中心をなした諸侯、騎士の没落による相対的な王権の伸長とあいまって、教皇権は衰退。

14世紀の初頭にフランス国内の対教会課税を巡りフランス国王フィリップ4世と対立した教皇ボニファティウス8世は、三部会の支持を背景にしたフィリップ4世に属し、アナーニに憤死(1303年)。これを「アナーニ事件」という。この数年後、教皇庁は南仏のアヴィニョンに移され、教皇は以後1377年までフランス国王の支配下におかれることになった(教皇のバビロン捕囚)。

教皇庁のローマ帰還後、アヴィニョンにも別の教皇が立ち、相互に正統を主張して争い、ここにイギリス、ドイツの支持をうけたローマと、フランス、西の支持を受けたアヴィニョンの教皇の並立状態がおきる。シスマ(教会大分裂)という。

シスマの結果、教皇権は大いに衰えた。教皇権の衰退と教会の腐敗の進展の中で、教会の革新運動が起きてくる。14世紀の後半になるとイギリスのウィクリフ、ボヘミアのフスらが、聖職者の堕落を批判し聖書中心主義を唱えるなど、宗教界の混乱が広まったため、コンスタンツの公会譲でローマ教皇の正統性を認めてシスマを終らせ、ウィクリフを異端、フスを焚刑に処して、改革派の運動を鎮めようとした。しかし、公会議が神聖ローマ皇帝などの世俗権力に操られ、教皇権は一層衰退し、教会改革運動も収まらず、それらの動きが、後の宗教改革の遠因になっていった。






2007-03-10 (土) 21:38:44 (3700d)