金融政策

「金融政策」についてのメモ。金融政策とは…
HOME > 金融政策

financial policy

金融政策 †

 政府が景気の安定を図るために行う政策で、マネーサプライ(貨幣供給量)や信用の供給量、また借り手にとっての信用が供与される条件(信用のアベイラビリティー)に影響を及ぼす。

通貨当局(政府または中央銀行)が、金融市場に働きかけて通貨の供給を調節することによって、民間の消費や投資に影響を及ぼし、完全雇用や物価安定といった経済安定化を図る経済政策の一つ。金利政策・公開市場操作・支払準備率変更政策などの手段が代表的。広義には、貨幣制度・銀行制度・証券制度などの金融制度に関する政策を含む。

  • 公定歩合
    • 日本銀行が民間銀行に貸し出しする場合の金利であり、これを基にして民間銀行は企業に貸し出しを行うため、公定歩合を引き上げると市中金利が全体として押し上げられることになる。
  • 公開市場操作
    • たとえば、日本銀行が手持ちの証券を市中で売却することにより、それに等しい額の通貨を市中から吸い上げることである。その結果、通貨の供給が減少するために、市中金利が上昇する。
  • 貯金準備率操作
    • たとえば、日本銀行が民間の銀行に対して、日銀に預け入れなければいけない。貸し出しに見合った一定比率の預け金の額を増やすことである。この比率を引き上げると、民間の銀行は、企業への貸し出しに向けられる金額がそれだけ減っているしまうことにより、やはり資金需給が逼迫して市中金利が上昇する。





2007-03-10 (土) 21:38:55 (4579d)