君主論

「君主論」についてのメモ。君主論とは…
HOME > 君主論

原題 (イタリア) Il Principe

マキャベリ「君主論」 †

  • マキャベリの代表的著作。1513年頃に完成。
  • 政治的思考を政治倫理から解放し、政治目的のためには道徳を無視し、宗教をもその手段とするといった権謀術数の政治を説き、マキャベリズムの名を生んだ。近代政治学の黎明を告げる名著。
  • 彼が政治から遠ざけられていた1513年に執筆され、のちにメディチ家のロレンツォに献呈された。1532年に公刊されたが、1559年ローマ教皇庁によって禁書目録に加えられた。全体は26章からなり、君主的権力や支配権力(スタート)の獲得、維持、拡大をテーマとしている。
  • まず、君主的権力の種類から説き起こし、新たに成立した支配権力にその焦点を絞っていく。被治者がいかなる体制の下にあるかに対応して統治政策を検討したのち、権力の獲得方法とそれぞれの場合における権力維持のための方策が検討される(6〜11章)。このうち、チェーザレ・ボルジャの統治政策をたたえた第7章は有名である。
  • ついで権力の獲得や維持の中核をなす軍事力が論じられる(12〜14章)。当時の傭兵{ようへい}制度を批判し、自己固有の軍事力の整備を説いた主張は有名である。
  • そして15章から23章にかけて、君主の統治政策の要諦が個別的に論じられる。
    • この部分はそれまでの理想的君主像をラディカルに否定し、たとえば、君主に対する臣民の側の恐怖感の必要、残忍な行為の有用さ、信義誠実原則の有名無実化などを主張する点で悪名高い部分である。この部分は後年、マキャベリズムとして恐れられ、批判の的になっていった。
  • 最後の3章は現実のイタリアの政治的没落の原因を分析し、それからの脱出の方途を模索する。彼はここでイタリア諸国の誤った政策を批判し、運命の力を過大視する立場を戒め、自らの提唱する諸方策に従うことこそ、イタリアの政治的救済の道であることを力説している





2008-04-29 (火) 01:25:09 (3463d)